事業概要

テニュアトラック制とは・・・

公正で透明性の高い選抜により採用された若手研究者が、厳格な審査を経てより安定的な職を得る前に、任期付きの雇用形態で自立した研究者として経験を積むことができる人事制度のことです。

熊本大学テニュアトラック制

本学におけるテニュアトラック制は、部局がそれぞれの特性に合ったテニュアトラック期間の設定や、採用審査、人材育成策を実施できる制度としており、より全学に普及・定着し易い体制を整えています。実施にあたって、部局は制度利用申請を行い、テニュアトラック運営委員会の承認を得たのちに、大学院先導機構から人件費、研究費及び研究スペース優遇措置等の研究支援を受けることができます。本学のテニュアトラック制によって採用された教員は、テニュアトラック期間中、部局と併任するかたちで大学院先導機構に所属しますが、テニュア獲得後は、それぞれの部局に移行します。

平成24年度より、文部科学省の新規事業である「テニュアトラック普及・定着事業」の採択を受け、国際公募を経て採用された、新しいテニュアトラック教員が着任しています。今後も、大学院先導機構では、継続的に優れた若手研究者を育成するため、テニュアトラック制を実施する部局と連携をとりながら、研究環境整備及び制度の管理運営を支援し、テニュアトラック制の全学への普及・定着を図ります。

事業概要

  • ホーム
  • 最新情報
  • 事業概要
  • 公募情報
  • 研究者紹介
  • 刊行物
  • イベント情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • リンク集