• ホーム
  • イベント情報
  • 【2月21日】山川先生によるサイエンスカフェ「着られる機械・広がる世界」を開催し...

イベント情報

【2月21日】山川先生によるサイエンスカフェ「着られる機械・広がる世界」を開催しました

2015.04.02

2月21日、熊本大学URAが主催となり、一般市民の方を対象としたサイエンスカフェ(第一回 URA※1 cafe)を実施しました。

20150221ちらし
(画像をクリック)

サイエンスカフェとは、科学者などの専門家と一般の方々が、コーヒーなどを手に気軽に科学などの話題について自由に語り合う新しいコミュニケーショ ンの場です。従来のシンポジウムやセミナーと異なり、講演者と参加者とが会話の中で素朴な意見や質問を気軽に、自由に交わすことができます。

 

今回は、テニュアトラック教員の山川俊孝先生貴助教を講師にお招きし、ウェアラブルデバイスと呼ばれる装置を用いて「てんかん」の発作予知を行う研究について紹介しました。当日は小学生から主婦、会社員まで 様々な方に参加いただき、講師による実際に装置を用いてのわかりやすい説明に、楽しく、熱心に学ぶ様子が見られ、活発なサイエンスコミュニケーションが行 われました。「ウェアラブルデバイスとは何か」から 始まり、てんかんの社会的影響、発作予知デバイスがどのように画期的なのか、今後の展開等について、質問を交えながら楽しく学ぶ機会になりました。

 

※1 URA:研究コーディネー ター(University Research Administrator)。熊本大学では、学内の研究者の研究内容を深く理解し、研究者とともに研究活動を組織として円滑に実施するための業務を行う ことが可能な専門的な職員として、研究推進戦略、産学連携を担当するURAが活動しています。

  • ホーム
  • 最新情報
  • 事業概要
  • 公募情報
  • 研究者紹介
  • 刊行物
  • イベント情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • リンク集