研究者紹介

氏名

眞山 剛
Tsuyoshi Mayama

研究分野

固体力学

眞山 剛

研究内容の紹介

「マグネシウム合金等の金属材料の力学モデリングとその応用」

  環境およびエネルギー問題の深刻化に伴い、実用金属の中で最も軽量であるマグネシウムを構造材料として利用することが期待されている。しかしながら、マグネシウム合金は従来の機械構成材料と比較して、その素形材の加工性が極めて悪く、応用が限られている。そのため、集合組織制御や結晶粒微細化等を利用して加工性の改善する試みが盛んに行われている。

マグネシウムの難加工性は、素形材製造時の強い集合組織形成、最密六方晶の結晶構造、さらに負荷方位に依存した双晶変形が主要な変形機構であることに強く関係している。したがって結晶スケール(メゾスケール)挙動を考慮した数値解析は、変形および異方性発展予測、さらに変形機構の理解のために大変有用である。

 本研究では、マグネシウムのメゾ~マクロスケールの挙動を材料試験と電子顕微鏡観察により把握し、それらの結果に基づきマグネシウムの微視的変形機構を考慮した結晶塑性解析手法を構築する。さらに構築した解析手法を加工プロセスに適用し、集合組織発展の予測と、加工材の変形挙動評価に関する数値解析を行う。

以上の研究内容により、マグネシウム合金の加工性を改善するための指針を計算力学的に示すことが目的である。

主な経歴

  • 1999.3 北海道大学工学部機械工学科卒業
  • 1999.4 北海道大学大学院工学研究科(機械科学専攻)入学
  • 2001.3 北海道大学大学院工学研究科(機械科学専攻)修了 修士(工学)
  • 2001.4 北海道大学大学院工学研究科(機械科学専攻) 助手
  • 2005.4 北海道大学大学院工学研究科(人間機械システムデザイン専攻) 助手
  • 2006.12 博士(工学)取得
  • 2007.4 北海道大学大学院工学研究科(人間機械システムデザイン専攻) 助教
  • 2008.2 熊本大学大学院先導機構 特任助教
  • ホーム
  • 最新情報
  • 事業概要
  • 公募情報
  • 研究者紹介
  • 刊行物
  • イベント情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • リンク集