研究者紹介

氏名

持田 悟
Satoru Mochida

研究分野

発生・再生医学分野

持田 悟

研究内容の紹介

「細胞分裂はいかにして制御されているのか?」

ひとつの細胞がふたつに分裂する。こんな単純なことでも、そのしくみはいまだ未解明の部分がたくさんある。当研究室では、生化学的手法を駆使して細胞分裂を制御している主要機構、タンパク質のリン酸化がどのように制御されているのかの理解を目指し、特にキナーゼとフォスファテースの相互作用に興味を持っている。詳しくは、以下の論文を参照いただくか、直接ご連絡ください。
URL:http://cellcyclecontrol.jp/

参考文献

Mochida S., Maslen S.L., Skehel M. and Hunt T., Science, 330 (6011), pp1670-1673 (2010) "The kinase Greatwall phosphorylates an inhibitor of protein phosphatase 2A that is essential for mitosis"

Mochida S., Ikeo S., Gannon J., Hunt T., EMBO J., 28, pp2777-2785 (2009) "Regulated activity of PP2A-B55d is crucial for controlling mitotic entry and exit in Xenopus egg extracts"

Mochida S., Hunt T., Nature, 449(7160) pp336-340 (2007) "Calcineurin is required to release Xenopus egg extract from meiotic M phase"

Mochida S., Yanagida M., Genes to Cells, 11(1) pp13-27 (2006) Distinct modes of DNA damage response in S. pombe G0 and vegetative cells"

Mochida S.*, Esashi F.*, Aono N., Tamai K., O'Connell M. J. and Yanagida M., EMBO J., 23(2), pp418-428 (2004) (*equal contribution) "Regulation of checkpoint kinases thorough dynamic interactions with Crb2"

キーワード: 細胞周期、タンパク質リン酸化

主な経歴

  • 2004.3 京都大学生命科学研究科博士課程 修了
  • 2004.4 沖縄大学院大学科学技術振興機構 研究員
  • 2005.8 Cancer Research UK, Postdoctoral fellow
  • 2010.8 熊本大学大学院先導機構 特任助教
  • 2011   科学技術振興機構さきがけ研究員(兼任)
  • ホーム
  • 最新情報
  • 事業概要
  • 公募情報
  • 研究者紹介
  • 刊行物
  • イベント情報
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • リンク集